社員インタビュー

採用情報

私たち三和建設工業は1985年の設立依頼、地域と密接に関わりながら、皆様から信頼していただける建設会社を目指して着実に実績を積み重ねてきました。


現在では「土地活用・賃貸経営を目的とした投資家向けの建設事業」と「注文住宅・建て替えを目的とした一般向けの住宅事業」の2つのサービスを軸に、お客様一人ひとりと丁寧に向き合いながら、最適な住まいのご提案を行っております。


これからの三和建設工業を牽引していく新たな人材を求めて、皆さまからのご応募をお待ちしております。

三和建設工業株式会社の採用情報

社員インタビュー

  • 社員サムネイル
    これまでのキャリア

    1年~3年目

    本社設計本部にて先輩の補佐として住宅の実施設計図やパース図の作成

    4年~6年目

    28歳2級建築士合格
    5階建ての賃貸マンションを設計管理責任者として担当

    7年~10年目

    30歳主任昇進
    32歳1級建築士合格
    年にマンション5棟クラスの自社施工物件の設計管理を担当

    10年~現在

    40歳係長昇進
    上場企業のディベロッパー案件を複数担当しながら部下を育成

    次世代に残る大きな仕事に携わるやりがいと誇らしさをぜひ一緒に味わいたいと思う。

    【設計部】設計担当

    設計部の普段の仕事内容を教えて下さい。
    建物の設計は、意匠、構造、設備という専門家が連携して行い、一組の設計図が出来上がります。私が担当する仕事は「設計及び設計管理」になります。「意匠設計」がデザインしたイメージを「構造設計」とすり合わせ、実際の空間として形にするために必要となる調整を行います。
    また、日進月歩で進む建築業界において、工法への対応・建築基準法の改訂への対応・各種条例への対応等、日々知識の習得が必要なのもこの仕事の特徴です。知識だけでなく、その知識をお施主様や監督に分かりやすく説明する技術も必要とされております。
    この仕事の魅力はなんですか?
    建物の設計は、プラン段階や施工段階でも様々な問題が発生した場合、原理原則をもう一度確認し、前に進むには「それは何の為か?」「それは誰の為か?」を実践し物事の組み立てをすることで、ぶれる事無く、課題にチャレンジ出来ると考えています。そして着工段階には施工担当者も参加し、設計施工一貫のナレッジを活かした設計が進められます。設計において技術的な品質はもちろんのことですが、同時に設計者自身の想いや個性といったものを反映できる点が魅力と言えるでしょう。
    この仕事を目指す若手社員へのメッセージをお願いします。
    三和建設工業はいつの時代も地域の顧客を大切に建物をつくってきた会社です。そこには旺盛なチャレンジ精神はもちろん、最先端の設計・建築技術がありました。私たちは、常に前例を超えた仕事を目指しています。設計者として、次世代に残る大きな仕事に携わるやりがいと誇らしさをぜひ一緒に味わいたいと思っています。

    1日の主なスケジュール

    8:30
    出社、メールチェック
    9:00
    朝礼・昨日の業務報告と本日の行動予定
    9:30
    午後の打ち合わせ準備、資料作成、協力会社への検討作業指示
    12:00
    現場への移動しつつ昼食
    13:00
    顧客との打ち合わせ、現場定例会議出席、行政との協議 ほか
    15:00
    設計部内打ち合わせ
    17:00
    デザインセッション(プロジェクトの設計方針を議論する会議)
    19:30
    退社(業務が残っていれば残業)
  • 社員サムネイル
    これまでのキャリア

    1年~2年目

    若年教育期間 (設計部、積算部、及び都内現場巡回)

    3年~4年目

    6階建てのRCマンション新築工事で上司補佐として施工管理を担当

    4年~5年目

    28歳主任に昇格
    施工管理責任者として10階建てRCを担当

    6年~現在

    30歳1級施工管理に挑戦中
    上場企業のディベロッパー案件を1名の部下と担当

    この建物を造ったのは間違いなく自分だと胸を張って言えることも、やりがいであり、魅力だと思う。

    【工事部】施工管理担当

    工事部の普段の仕事内容を教えて下さい。
    私の業務は、住まいづくりが行われる現場の監督・管理をすること。まず図面を確認し、電気や水道はどこに配置するのがいいのか、いつまでにどこまで進められていればいいかなど、先を見据えた細かなプランを練ります。施工が始まってからは、悪天候や不測の事態などによってスケジュールが前後することもあるため、常に工程表を見直しながら関係各所とやり取りを行います。難しそうに聞こえるかもしれませんが、私も初めからすべてができたわけではありません。
    入社して1年くらいは、先輩社員の指導の下、現場で元気よく挨拶すること、職人さんたちに顔を覚えてもらうことに注力していました。コミュニケーションを積極的に取っていれば、職人さんから専門的なことも教えてもらえ、自然と幅広い知識を身に付けることができます。
    この仕事の魅力はなんですか?
    自分が携わった建築物が「地図に残る」というのは何とも言えない誇らしい気持ちになるものです。また、どの現場においても、完成に近づくにつれ建物に愛着が湧いてきます。少しでも良いものを、という思いが込み上げ、引き渡しの日は、まるで親のような気持ちになります。「我が子」とも思える建物を、大事に使用していただき、様々な人が訪れ、そこには笑顔が溢れている。この建物を造ったのは間違いなく自分だと胸を張って言えることも、やりがいであり、魅力だと思います。
    この仕事を目指す若手社員へのメッセージをお願いします。
    私も初めのうちはなにもわからず、頼ってもらうどころか、頼ってしまうことの方が多かったです。特に建築用語や技術・段取りについては、毎日熱心に教えてもらいました。わからないことがあっても、一生懸命取り組んでいれば、必ず認めてもらえます。以前、スケジュールが厳しく、引き渡しが通常工期では間に合わない現場がありましたが、「K君のためなら、仕方ない」と多くの職人さんたちが応援をまわし何とか完成させる事ができ、涙が出るほど嬉しかった出来事がありました。これから就職する皆さんの中で仲間と共に達成感・成長を得たい方は是非、三和建設工業で一緒に仕事をしましょう!!

    1日の主なスケジュール

    7:45
    朝礼(ラジオ体操)、現場巡回
    10:15
    協力会社との揚重機・搬入車両打ち合わせ
    10:30
    事務所にて指示書作成など
    11:30
    作業間連絡調整
    12:00
    昼食
    13:00
    工程表作成、発注手配ほか
    15:00
    現場巡回
    16:30
    協力会社との打ち合わせ
    18:00
    事務所にて図面チェック、施工計画ほか
    19:00
    退社(業務が残っていれば残業)
  • 上質なオーナールーム
  • 各種空室保証制度
  • マンション経営の流れ
マンション経営・土地活用に関するお問い合わせ・ご相談などお気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。
イベント&セミナー情報
土地活用・お役立ちコラム
新卒・中途採用情報/新卒・中途採用のご案内はこちら。
個人のお客様向けのマイホームの設計・施工・建て替えのご相談はサンワホームへ。 埼玉・東京23区の「注文住宅・建て替え」のことならサンワホームへ