建築費用30%カット、工期20%短縮を実現したRC賃貸マンション「R21」

季節が映える くらしと地域のサポーター
お電話でのお問い合わせ TEL.0120-965-097

お問い合わせ・資料請求

R21-PRODUCE

大幅なコストダウンと快適性を兼ね備えた高品質で低リスクなRC賃貸マンション

R21-PRODUCEの圧倒的なコストパフォーマンス

価格30%DOWN さらに工期も20%短縮

RC賃貸マンション「R21」最大の特長は、建物自体の工法が一般的な鉄筋コンクリート建築と異なる点にあります。安全性も保ちながら、建設費用を大幅に下げることに成功し、また断熱性においても国内では珍しい「両側断熱」を採用しているため、優れた快適性も同時に持ちあわせた高品質な賃貸マンションとなっております。

R21-PRODUCE 外観

従来の鉄筋コンクリート工法との違い

R21の独自工法の場合

R21の工法では、一般的な工法で使用する木枠自体が、特殊素材で出来た断熱材になっているため、枠型解体や断熱材の施工の工程を省略することができ、また副資材なども削減につながり、工費・工期の両面を大きく削減することが可能となっています。

  • 枠型建込み

    枠型建込み

  • コンクリート打設

    コンクリート打設

  • 工程を削減して「コスト削減&工期短縮」
  • 仕上げ・内装

    仕上げ・内装

  • 完成

    完成

一般的なRC工法の場合

従来の工法では、木製等の木枠の中にコンクリートを流し込み、固まった後に木枠を外してから断熱材の施工を行うため、作業工数や副資材などが大きくかさんでしまう傾向があります。

  • 枠型建込み

    枠型建込み

  • コンクリート打設

    コンクリート打設

  • 枠型解体

    枠型解体

  • 断熱施工

    断熱施工

  • 仕上げ・内装

    仕上げ・内装

  • 完成

    完成

両側断熱の採用でさらに、品質50%UPも実現

  • 一般的なRC住宅

    内断熱・無断熱

    現状、日本国内のマンション・病院・オフィスビル等の建造物の大半は、「内断熱」あるいは「無断熱」で造られている。そのため雨や結露など、建物の外側からの影響を受けやすく、コンクリートの耐久性に大きなダメージとなることが多い。

  • R21工法の場合

    両側断熱

    一方、R21では鉄筋コンクリート壁の内側・外側の両方から断熱材で挟み込む「両側断熱工法」を採用。コンクリート躯体の室内外からの影響を最小限に抑え、同時に室内の快適性能も向上させることが出来る、新しい断熱方法です。

R21-PRODUCE 収支シミュレーション無料ダウンロード
  • 上質なオーナールーム
  • 各種空室保証制度
  • マンション経営の流れ
マンション経営・土地活用に関するお問い合わせ・ご相談などお気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。
イベント&セミナー情報
土地活用・お役立ちコラム
個人のお客様向けのマイホームの設計・施工・建て替えのご相談はサンワホームへ。 埼玉・東京23区の「注文住宅・建て替え」のことならサンワホームへ