高断熱による驚きの省エネ性能と抜群の遮音性で空室を出さないRC賃貸マンション「R21」

R21-PRODUCE

大幅なコストダウンと快適性を兼ね備えた高品質で低リスクなRC賃貸マンション

空室を出さない快適な住空間

どんなに立派なマンションを建てても、入居者がいなければ経営が成り立たず土地活用の成功には至りません。マンション経営の成功の鍵は、常に一定の収益が出るように、なるべく空室を減らすこと。 そのためにも、入居者が快適に暮らせる住環境をしっかりと整えることが重要なポイントとなります。

RC賃貸マンション「R21」は、省エネ性・遮音性・自然素材を使ったハウスダスト対策など、あらゆる面において入居者に快適に暮らしてもらうためのさまざまな工夫が凝らされています。

RC賃貸マンションR21-PRODUCEの室内

暖房40%カット・冷房30%カット

R21の独自工法による驚きの省エネ性能

R21のマンションは、適切な断熱&遮熱工事と省エネ設備(エアコン、高効率給湯器、節水型便器、水栓)の採用により、消費エネルギーの大幅削減に成功しました。一般的な工法の住宅と比べて、なんと年間の冷暖房費を約50%削減することが可能です。


例えば冬の朝、外気温が0度以下の日でも室内は暖房なしで16度前後を保つことができ、日中はほとんど21度のままです。夏は逆に外が30度を超えるうだるような暑さでも、室内はワンランク低いの性能のエアコンを使用していても26度〜27度のままで、とても快適な空間になっています。

冷暖房費を約50%減する省エネ技術

退去理由No.1の「騒音トラブル」を解消!!

抜群の遮音性で入居者の離脱を防ぐ

RCマンション自体、木造建築と比べて遮音性の高い建物ではありますが、R21の工法では、55mmの発泡ポリスチレンフォームという特殊な断熱素材でその鉄筋コンクリートを内と外の両側から包み(両側断熱)、さらにすべての窓ガラスにペアガラス(複層ガラス)を採用しています。これにより近隣に幼稚園や小学校があっても、室内では全く聞こえないくらいの抜群の遮音性を実現することができます。

一度建ててしまった賃貸マンションにあとから防音対策を施すのは大変な時間とお金がかかります。騒音トラブルが元で退去してしまう入居者が出ないよう、予め対策を施しておくことが安定したマンション経営の必須条件といえるでしょう。

騒音の透過損失の説明

小さなお子さんのいる家庭も安心して入居できる環境

高い断熱性による結露対策でカビやダニの発生をもとから抑える

従来の断熱性能の低いコンクリート住宅では結露が発生しやすく、シックハウス症候群の原因となるカビやダニの温床となっていましたが、R21の断熱性能ならこの結露自体を防ぐことができるので、その分カビやダニの発生を抑えることにつながり、結果としてシックハウス症候群の心配もいりません。
また、有害物質の一つである「ホルムアルデヒド」も使用していません。

騒音の透過損失の説明
R21-PRODUCE 収支シミュレーション無料ダウンロード
  • 上質なオーナールーム
  • 各種空室保証制度
  • マンション経営の流れ
マンション経営・土地活用に関するお問い合わせ・ご相談などお気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。
イベント&セミナー情報
土地活用・お役立ちコラム
新卒・中途採用情報/新卒・中途採用のご案内はこちら。
個人のお客様向けのマイホームの設計・施工・建て替えのご相談はサンワホームへ。 埼玉・東京23区の「注文住宅・建て替え」のことならサンワホームへ