狭小地での土地活用に鉄骨賃貸アパート「S21」

S21-PRODUCE

15坪からできる狭小地対応3F〜4F階建ての都市型鉄骨賃貸アパート・借地対応も可能

あきらめていた狭小地にも賃貸アパートを建てられます。

「土地が狭いから」「路地裏の入り組んだ土地だから」…都心部特有の様々な理由から木造しか立てられないとあきらめていたオーナー様、土地活用そのものを諦めていたオーナー様に朗報です。 当然間口が広く、四角く広い土地の方が賃貸経営・土地活用には向いておりますが、所有する土地が狭小地・変形地であった場合にも諦める必要はありません。 S21の新構法なら、最小15坪から鉄骨の賃貸アパートの建設が可能です。隣地境界も最小でなんと25cmから対応可能。これまでの賃貸アパートの常識を打ち破った、新しい構法をぜひご検討ください。

あきらめていた狭小地にも賃貸アパートを建てられます。

狭小間口、隣地境界など厳しい施工条件にも対応します。

一般的な鉄骨造は、重くて長い鉄骨を現場搬入し、大きなクレーンを使って建設します。そのため資材の搬入や資材置場などの面で、様々な制約条件が生してしまいます。 しかしS21の採用している新構法なら、トラス柱・ピン柱といった小さな部材で組み立てることができるため、これらの制約条件が緩和され、狭い土地でも簡単に施工することができるのです。しかもこれらの小さな部材はあらかじめ工場で製作し、現場で組み立てるだけなので、工事期間の削減と費用の節約につながっています。


また、建物全体の重量が一般的な鉄骨造よりも軽量なため、軟弱地盤(支持地盤が40KN/㎡ほどでも可能)でも地盤改良費がかさまないというメリットもあります。さらに隣地境界は最小でわずか25cm。S21の新構法は、土地の狭い都心部における賃貸アパートの可能性を大きく広げる新しい建築手法といえるでしょう。

狭小間口、隣地境界など厳しい施工条件にも対応します。
S21-PRODUCE 収支シミュレーション無料ダウンロード
  • 上質なオーナールーム
  • 各種空室保証制度
  • マンション経営の流れ
マンション経営・土地活用に関するお問い合わせ・ご相談などお気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。
イベント&セミナー情報
土地活用・お役立ちコラム
新卒・中途採用情報/新卒・中途採用のご案内はこちら。
個人のお客様向けのマイホームの設計・施工・建て替えのご相談はサンワホームへ。 埼玉・東京23区の「注文住宅・建て替え」のことならサンワホームへ