「狭小地対応TCEG工法のご紹介」コラム

コラム「狭小地対応TCEG工法のご紹介」のサムネイル画像

狭小地対応TCEG工法のご紹介

最終更新日:2020年06月08日

狭小地でも災害に強い建物を建てたい!室内空間を広くしたい!

という方に是非お勧めしたい工法です。

前面道路が狭い・土地が狭い・隣との間が狭いというお悩みがある方も多いと思います。

そんな土地でも施工可能なのが

狭小地対応の工法 「TCEG工法」

です。写真にある朱色の部分(鉄骨ラーメン構造の耐力壁)と指定された工法の床により、高い耐震性能がある建物が建てられます。

太い柱が不要なので、室内に柱の出っ張りがなく、空間を広く使っていただけます。

また、間口が取りやすく、大空間も作ることが可能なので、老人介護施設などにも対応できます。

DSCF0085.JPGDSCF0226.JPG

一覧に戻る
  • 上質なオーナールーム
  • 各種空室保証制度
  • マンション経営の流れ
マンション経営・土地活用に関するお問い合わせ・ご相談などお気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。
施工事例
土地活用・お役立ちコラム
新卒・中途採用情報/新卒・中途採用のご案内はこちら。
個人のお客様向けのマイホームの設計・施工・建て替えのご相談はサンワホームへ。 埼玉・東京23区の「注文住宅・建て替え」のことならサンワホームへ